インプラントセンター

当院のインプラント治療として、出来ることや考え方は、当院併設クリニック「代々木上原インプラントセンター」として、専門ホームページにまとめております。

詳しくは「代々木上原インプラントセンター」HPをご覧ください。

一言で言うと、当院のインプラントの特徴は、

  • 残せる歯はなるべく残し、さまざまな治療選択肢から考慮してインプラントを考える
  • 難症例などは、インプラント専門医が担当する

ことにあります。以下に、インプラントの一般的な解説を記します。

歯科インプラントのメリット

従来の治療法と比べた場合のインプラントのメリットとは?
インプラントは、新しい歯の基盤となります。顎の骨とインプラントがしっかりと結合した後に、喪失部分のみで修復します。

従来の治療法

従来の方法

従来の治療法では、周りの健康な歯を削りブリッジを装着します。このように形成された支台歯は、ブリッジを保持する役目を果たしますが、削られた部分は元には戻りません。

インプラントを用いた治療法

インプラントを用いた治療法

インプラントが歯根の代わりとなり、人工歯冠の柱の役目を果たし、周りの健康な歯を削る必要はありません。

インプラントの持つ可能性

歯の抜けてしまった場合の解決策としてのインプラント治療をご紹介します。

インプラント治療法における1本または複数の歯に対する修復歯:

歯が1本ない場合

歯が1本ない

歯が複数ない場合に、ブリッジで修復した場合

歯が複数ない

歯が全くない場合、固定式ブリッジを複数のインプラントで固定した場合

歯が全くない

入れ歯とインプラント

総義歯を安定させ、しっかり固定するためにインプラントを埋入する場合もあります。

インプラントをしない入れ歯

従来方式では、吸引効果を利用し取り外し式総義歯を歯肉に取り付けます。骨に圧力がかからなくなると、次第に歯肉はどんどん萎縮し、義歯の噛む力が少しずつ 失われていきます。義歯が不安定になると歯肉に圧力がかかり、痛みを伴う場合もあります。また審美面も1つの問題としてあげられます。

インプラントを用いた入れ歯

インプラントで取り外し式総義歯を顎にしっかり固定するため、顎の骨を維持することができます。
義歯は簡単に外したり装着することが出来るので毎日のお手入れが簡単に行えます。

インプラントを用いた固定源なら、従来の取り外し式総義歯でみられるような痛みを伴う副次的作用に煩わされることもなく、入れ歯接着剤も必要ありません。

食事中はもちろん、笑ったり話したりしている間も口腔内にしっかりと固定された義歯は、審美面も改善され、天然歯なのか義歯なのか見分けもつかなくなります。

  • 入れ歯
    従来の取り外し式総義歯
  • ドルダーバー義歯
    インプラントとバーを用いて、義歯を固定する方法
  • 入れ歯
    インプラントとスナップのような維持アンカーを用いて、義歯を固定する方法

インプラントの埋入

インプラントは、通常入院せずに局部麻酔下で骨に埋入します。顎の骨とインプラントが結合するのを待ち、歯の修復物を固定します。この治癒期間は状況により異なりますが、約6週間~12週間を必要とします。

1.治療方法の計画

計画

患者さんの口腔内の状況を診断し、手術計画を立てます。歯科医は患者さんに細かい情報を伝え、要望に添ってアドバイスを行い、抱いている疑問に対して明確にしてくれます。そして、レントゲンを撮り、手術計画を作成し、デンタルインプラントの埋入位置を決めます。

2.手術(埋入)

埋入

局部麻酔を行い、インプラントを埋入します。
その後、インプラント表面と周りの骨が結合し、固定するための治癒期間を待ちます。

3.修復物の装着

装着

治癒期間経て、新しい歯が固定されます。

高木歯科にて使用している、インプラントの種類

  • ストローマン
    ▲ストローマン(ITI)
    1974年に開発されて以来、世界40ヶ国以上で使用され、もっとも信用されているインプラントの一つに数えられています。
  • ノーベル
    ▲ノーベル・バイオケア
  • アストラテック
    ▲アストラテック

ご予約・お問い合わせ

03-3460-4618平日9-13時 / 14-18時 休診日:木曜午後・日・祝

小田急線/東京メトロ千代田線
「代々木上原駅」より徒歩5分

〒151-0064 東京都渋谷区上原1-21-11

診療時間