マウスガード(マウスピース)

当院では、スポーツ歯科外来を設け、体の接触の激しいスポーツ競技において、歯と顎を守るための「マウスガード(マウスピース)」をオーダーメイドで製作しています。

噛む力(咬み合わせ)が競技においての瞬発力を発揮するのにとても重要です。

マウスガードの特徴

  • ぶつかって歯が折れる・欠けるなどの事故・外傷を予防する
  • あごの関節の保護や脳震盪(のうしんとう)軽減の効果がある
  • 咬み合わせがよくなることで、高い運動能力や瞬発力発揮が期待できる競技もある
  • 装着が簡単で安定性があり、会話や呼吸への影響も最小限に抑えられる
  • 習慣的な歯ぎしりによる歯と歯のぶつかり合いで徐々に削れていくのを防止できる

どんな競技スポーツに向いていますか?

  • アメフト
    ▲アメリカンフットボール
  • ラクロス
    ▲ラクロス
  • サッカー
    ▲サッカー

ボクシングだけでなく、アメリカンフットボールやラグビー、女子ラクロスなど、特にコンタクトスポーツと呼ばれるからだの接触の多い競技では、マウスガードの装着が義務化されています。

当院では、スポーツ競技の内容に関係なく、どのような種目競技においても、ご希望があれば、オーダーメイドのマウスガードをおすすめしております。特に、以下のスポーツをしている方々…

  • 野球
  • サッカー
  • ラグビー
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • ハンドボール
  • ボクシング
  • レスリング
  • ソフトボール
  • アメリカンフットボール
  • ウェイトリフティング-重量挙
  • スケートボード
  • スキー
  • 武道・格闘技
  • 自転車競技
  • 乗馬・馬術競技
  • 極限競技-バンジージャンプ等
  • フィールド競技
  • フィールドホッケー
  • 体操競技
  • アイスホッケー
  • ローラースケート
  • ラクロス
  • ラケットボール
  • 砲丸投げ
  • 円盤投げ
  • 槍投げ
  • ハンマー投げ
  • スカイダイビング
  • スカッシュ
  • サーフィン
  • 水球(ウォーターポロ)
  • アクロバット(曲芸・軽業)

このように、接触が激しいスポーツ以外にも、瞬発力を発揮するための競技スポーツにもマウスガードは効果が期待できます。

市販のタイプと何が違うの?

市販のもの(200~1500円)は、熱湯で柔らかくさせた状態で歯にあてて噛みしめ、自分の歯の形に合ったものを作ります。スポーツ用品店や百貨店などで購入でき、自分で作れる分、外れやすいのが欠点です。価格が安いほどお口への適合性が低く、かさばったり、あまり快適でなかったりする場合があります。

歯科医院で作ってもらうカスタムメイドのマウスガードは、歯型をとってから数日で完成します。ご自身のお口にぴったり合い、外れにくいのが特徴です。

どれくらい使えますか?寿命は?

専用のケース

競技内容や個人差にもよりますが、半年から1年間使えます。
手入れ方法は、市販のタブレット状の入れ歯洗浄剤や歯ブラシ等を使います。専用のケースもお渡ししています。

どうやって作るのですか?製作期間はどれくらいですか?

歯科医院で来院してから、歯型をとり、歯科技工所で製作されます。1週間ほどで出来上がります。

スポーツにとって“噛む力”は大事

スポーツに噛む力が大事

マウスガードは「虫歯等の病気だけでなく、アクシデントからも歯を守る」という意識を普及啓発するため、学校の授業や体験実習などにも採り入れられ、近年ますますニーズが高まり、普及が進んでいます。

とあるプロスポーツ選手は、歯の見た目を気にして、健康なご自身の歯をすべてクラウンにしたため、噛む力を十分に発揮できなくなり、引退が早まったとも言われています。

歯が欠けたり、折れたりしてからでは、手遅れです。そうならないためにもご自身の本物の歯は大切。既製のものに比べて時間も費用もかかりますが、そのフィット感、快適性、全体的な品質は十分に投資の価値があるといえます。

スポーツ歯科でのマウスガード(マウスピース)にご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

03-3460-4618平日9-13時 / 14-18時 休診日:木曜午後・日・祝

小田急線/東京メトロ千代田線
「代々木上原駅」より徒歩5分

〒151-0064 東京都渋谷区上原1-21-11

診療時間