歯周病

歯周病は古くから歯槽膿漏として知られていて、テレビのCMなどでもこの病気の名前を聞いたことがあると思います。
歯周病は糖尿病などと同じく日本人の5大生活習慣病の一つです。

口腔衛生習慣の改善により、日本人の虫歯は減少してきました。しかし、歯周病はあまり減少することなく、現在でも30才以上の成人の約80%が歯周病にかかっており、歯の喪失原因の第1位になっています。

では歯周病とは一体どういう病気なのでしょうか。

歯周病とは文字通り歯のまわりの組織(歯茎や歯が植わっている骨など)が細菌により破壊され、溶かされてしまう病気です。あまり痛みがないまま徐々に長い時間をかけて進行するので、かなり病状が進んでしまうまで気がつかない方が大勢います。

なくなってしまった骨や歯茎はもとには戻らないので、そうなってしまわないように歯周病を予防することが大切です。まずは自分が今歯周病にかかっているのか、またどの位進行しているのかを知り適切な治療を受けましょう。自分でも歯周病になっているかどうかのセルフチェックができますので、鏡を持ってお口の中をのぞいて見て下さい。

  • 歯ブラシのときに歯茎から血が出る
  • 歯茎が赤くはれている
  • 歯が以前より長くなった気がする
  • 食べ物が前よりつまりやすくなった
  • 家族に口臭がすると言われた
  • 固いものが食べにくくなった

これらの項目にあてはまるものがあれば歯周病が進行している可能性が非常に高いので、歯科医院でレントゲン撮影や歯茎の検査を受けましょう。

歯周病で大切なこと

現在では歯周病は、予防でき治療も可能です。大切なのは予防、診断、治療、そしてメインテナンスです。

この15年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。

まず、歯周病の原因は歯垢と歯石ですから、それをためない、増やさないことが基本です。
そのためには…

  1. 正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。
    歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切なことです。
  2. 歯ぐきの中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。
  3. 傷んだ歯ぐき、骨を治療して健康に近い歯ぐきにすることです。
  4. 健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。

歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状ありません。これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。

予防、診断、そして適切な治療により、歯周病から歯を守りましょう。

歯周病の原因

お口の中にはおよそ400種類の細菌が住んでいます。これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これを歯垢と言います。歯垢1mgの中には 10億個の細菌が住みついていると言われ、虫歯や歯周病をひき起こします。

その中で歯周病をひき起こす細菌はポルフィロモナス・ジンジバリス、プレボテーラ・インターメディア、アクチノバシラス・アクチノマイセテムコミタンスなど10種類以上がわかっています。

また、歯垢は粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。この歯垢の中の細菌が歯ぐきに炎症をひき起こしやがては歯を支えている骨を溶かすのです。

さらに、歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。
その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けるのです。これはもはやブラッシングなどでは取り除くことはできません。正しいブラッシングを身につけ、効果的に歯垢を取り除きましょう。

進行させる因子

  1. 歯ぎしり、くいしばり、噛みしめ
  2. 不適合な冠や義歯
  3. 食習慣
  4. 喫煙
  5. ストレス
  6. 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  7. 薬の長期服用

基本的な治療方法

歯周病は、おもに歯ぐきが歯に接する付近に存在する歯垢中の細菌が原因で進行します。歯ぐきと歯の間にできたポケットといわれるスペースが歯周病が進行するにつれて深くなり、細菌の増殖する空間が増え、歯ぐきを腫らし骨を溶かし、やがては抜けてしまいます。

歯周病はその進行の程度により、いくつかの治療が適応されます。

歯石除去(SRP)

スケーリング

ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います(スケーリング&ルートプレーニング、ブラッシング)。この療法は、ほとんどの歯周病に対する基本的な治療です。

スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢石を器械で取り除く事です。
ルートプレーニングは根の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表面を除去する方法です。

このことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。

歯周外科治療

歯周外科

基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行う場合もあります。

手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

歯周病のメインテナンス

歯周病の再発防止と健康の状態を維持してゆくために、定期的に検査と予防処置を行うことが必要です。歯周病のチェックと専門家による歯垢、歯石の除去などのクリーニングを行う事が何よりも重要です。

メインテナンス

メインテナンスとは歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は、3~4ヶ月ごとの定期検診の受診をお勧めします。

歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を生涯除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。

細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは除去できません。これらは歯科衛生士による専門的なクリーニングによって除去してもらいましょう。

歯周病は再発の多い病気と言われています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。治ったといっても溶けてしまった骨が元通りに戻っているわけでなく、ほとんどが歯と歯ぐきが弱い結合で治っているのにすぎないのです。ブラッシングが不充分であったり、メインテナンスを怠ると細菌が活動しはじめ歯周ポケットが深くなり容易に「再発」をおこします。

また、残念ながら治療の限界のため、部分的に治りきらないところが残ってしまうこともあるでしょう。そのような部位でもメインテナンスを継続することにより歯周ポケットがさらに深くならないように、「進行を食い止める」ことができるのです。

メインテナンス法

  1. 歯周精密件査(X線検査・歯周ポケットの測定・動揺度の検査)
  2. ブラッシングの再確認
  3. かみ合わせのチェック
  4. 生活習慣指導
  5. トゥース・クリーニング
  6. 抗菌剤の塗布、フッ素塗布 など

欧米では歯周病を「静かなる疾患」と呼びます。これは患者さん自身が再発や進行を自覚することは困難であると言う事です。したがって歯を失わないためにもトラブルを感じなくとも定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることが必要なのです。

ブラッシング

磨く場所

  1. 歯と歯の間
  2. 歯と歯ぐきの境目
  3. 歯ブラシの頭が届きにくい所(奥歯)

です。

「歯周病の始まる場所=プラークの残る場所=毛先のあたりにくい所」になります。

歯ブラシの毛先があたっていなければ、プラークはとれません。自分では磨いているつもりなのに磨けていない人のほとんどが、磨きたい所に毛先をあてられない人なのです。

磨き方ポイント

  1. 毛先を磨くポイントに確実にあてましょう。

  2. 動かし方は?
    小さく横にでも、縦にかき出す様にしても、円を描く様にしても、良いと思います。要は、歯と歯ぐきを傷つけることなくプラークを落とすことができれば良いのですから。

  3. 軽く磨く様にしましょう。
    力を入れて磨くと歯ブラシの毛先が開いてしまいプラーク(歯垢)が落とせません。さらには、歯や歯ぐきを痛めてしまいます。力の目安は、毛束がまっすぐなまま歯面に当たる程度で良いのです。

  4. 細かく動かしましょう。
    毛 先を使って磨く方法がプラークの除去には効果的です。ついつい大きく動かしがちですが、歯には凸凹があるため小刻みに動かさないと、引っ込んだ所には毛先 がとどきません。特に、裏側や歯と歯の間を磨く時は、大きく動かすとせっかく入った毛先がでてしまいますので注意して下さい。

  5. 1ヶ所につき10~20回ぐらい磨きましょう。
    プラークは粘着性が高いため、2~3回歯ブラシを動かした程度では落としきれません。
    1日に最低1度は、時間(5分以上)をかけてゆっくりと隅々の歯垢を取除いて下さい。可能であれば、毎食後磨くことが理想です。とくに、寝る前に丁寧にゆっくりと磨くことが効果的です。

自己流で磨いていては歯垢(細菌)は落とせません。
必ず専門科(歯科医師、歯科衛生士)によるブラッシング指導を受けるべきです。

ご予約・お問い合わせ

03-3460-4618平日9-13時 / 14-18時 休診日:木曜午後・日・祝

小田急線/東京メトロ千代田線
「代々木上原駅」より徒歩5分

〒151-0064 東京都渋谷区上原1-21-11

診療時間